~健康で幸せな一生を送るために~

小児歯科

ホワイト歯科東浦クリニック
ホワイト歯科大池公園
ホワイト歯科東クリニック
インプラント 無料カウンセリング
mobile SITE
HOME»  小児歯科

出来るだけ健全な歯質を残します!
私たちで健康な子供の歯を育てましょう!

まず、私たちと私たちの歯科医院に慣れてもらうことから始まります。
怖がらずに楽しんできてもらえるように心掛けています。
出来るだけ健全な歯質を残します!私たちで健康な子供の歯を育てましょう!

東海市、東浦町のホワイト歯科では、小児歯科に力を入れています。
さらにご要望におこたえして、小児歯科、障害者歯科専門外来を、土曜日の午後に設けています。(要予約)

先生の紹介

村田 宣彦 先生

愛知学院大学 小児歯科学講座からやってきました。
とっても優しい、笑顔のすてきな先生です。
子供たちにはもちろん、ママにも人気があります。
一度会いにきて下さいね。

治療紹介

虫歯にならないためにはどうしたらいいの?

シーラント

虫歯になりやすい場所は、
1.奥歯の溝  2.歯と歯の間  3.歯と歯ぐきの境目 です。

そのうち、奥歯の溝にできる虫歯を予防する方法にシーラントがあります。
歯の溝を掃除した後、プラスティックの一種でシールします。
乳歯にも永久歯にも使用できます。保険がききます。

フッ素塗布

歯がはえたばかりの赤ちゃんから、中学3年生ごろまでのお子様を対象に行っています。
6ヶ月ごとに歯科医院で塗布すると効果的です。ご希望の方はどうぞ!

虫歯はどうやって治療するの?

コンポジットレジン充填

虫歯になった部分を取り除き、その部分をレジンで補う方法です。
見た目は、歯の色と一緒なので、目立ちません。
でも、虫歯が大きすぎて神経に達していたり、虫歯の範囲が広すぎる場合には、適しません。

乳歯冠

虫歯が神経まで達している場合、乳歯の神経を取って、奥歯にかぶせます。
乳歯とはいえ、奥歯は大変強い力が加わりますので、丈夫な金属冠を使います。

よくある質問 Q&A

子供の歯磨きは何歳ごろからはじめたらいいのでしょうか?
歯がはえてきたら、はじめたほうがいいでしょう。ご機嫌のいいときにお母さんの時間と気持ちに余裕があるときに、寝かせ磨きで、優しく磨いて下さい。歯磨き剤はいりません。歯ブラシを持たせると、口の中に入れたまま、歩き回って、危険です。0~2歳のお子様にはお母さんによる仕上げ磨きだけでよいでしょう。
キシリトールって?
「キシリトール」は多くの果物・野菜に含まれる天然素材甘味料です。
甘さは砂糖と同程度で、カロリーは砂糖の75%ほどです。
虫歯予防に役立つ2つの効果があります。一つは歯を溶かす酸の生成を抑制する効果、もう一つは、甘さにより唾液を出させて酸を薄め、溶けかかった歯を修復する効果です。食後に利用すると効果的です。
ただし、キシリトールを食べても歯磨きは必要です。

PageTop